実さへ花さへその葉さへ

Asexualらしき人のブログ

憂鬱を拗らせている

観たい舞台のチケットが取れない、というだけで3回泣いた。大丈夫か?

昔は毎日更新していたけど、よくそんな語ることあったな…変わり映えのしない生活を続けていると、昼に何を食べたかすら興味が失せていき思い出せなくなるというのに。どうでもいい話でした。

このブログの主旨に反するけど、私は常にAセクとかジェンダーを意識したり、考えながら生きてるわけではない。Aセクだと自覚してからは、そういう情報へのアンテナや動向、自分の振る舞いなど気に掛けるようになったけれど、逆にそれ以外は変わっていない。差して特筆すべきものを持たない凡人である。

得体の知れないものに悩まされ一人で世界に取り残された気になっちゃうような中二病にちゃんとした名称が付いて、多少すっきりしても現実は変わらない。が、明確になった分、ではどう生きていけばいいのかとセクシャリティ以外の面で自分に向き合うことになった。その結果が冒頭のチケット取れないでグズるいい歳した大人とかしょうもないよ。

 

という愚痴を吐きに来ました。