実さへ花さへその葉さへ

Asexualらしき人のブログ

その言葉に価値を見出すこと成らず

ちらっとツイッターでアピールしてしまったんですがね。少しは緊張感と他者の目を強制的に意識しないと、下手したら次に書くのは1年後とかになってしまうから。
実際、場末でオタクサイトを弄っていた時のブログは、自意識パワーで月に一、二度の更新をしていたのである。
更にその前は、もっと調子付いていたので(閲覧数は兎も角)なんと日に三度更新したりしていた。すっごーい、時間を浪費出来ていたんだね〜〜!と殴りに行きたい。

 

しかしね、わたくし気付きました。
長文を打つのが億劫というよりも、キーボードで自分の言葉を使い長文を打つ、ということ自体の頻度が減っていたのです。
思考自体は止まっていなかった。なぜなら今、スマホから連打して打ち込んでいるが思いの外長くなっている。
キーボードで打つ時は仕事が大半だし、仕事だと話の構成や流れとか、今打っているような無駄な駄弁り部分を削ぎ落とす作業が入る。ツイッターとかラインとは真逆だものね。そりゃあ、時間かかってしまうよね。

だから、縛りをもう一つ足します。
次からキーボードで打とう。更新頻度は下がるだろうけど。
考える力を養いたいんだ…小学生かよ。

 

そんな訳で、無駄に長くなってしまったから、
なにゆえ子供をかわいいと主張する人は子供も欲しいアピールするんだろうか?それがどうにも個人的に胡散臭くてかなわん。
…というネタでも書きます。


なお、内容は予告なく変更が入る可能性がありますので悪しからず。